新着情報

台風対策は今のうちに

 

今年は8月でも多くの雨が降りました。各地で大雨の被害も出ました。

大雨の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

 

9月は台風シーズンに入ります。

9月10月は要注意です。

長雨で雨漏りを経験された方もいらっしゃったかもしれません

台風は風による被害にも注意です。


近年の静岡県でも


台風で屋根の被害

台風も年々大型化していると言われていますね。

2018年9月に浜松、磐田を通過した台風24号では停電や多くの家屋で被害が発生したのを覚えている方も多いと思います。雨漏り、雨樋の破損、屋根瓦の飛散や、軒天・外壁の破損、小屋の倒壊等あったのを記憶しております。

家屋の被害件数が多かった為、材料が入ってこない、大工さん等の人員不足で、修理完了までに3ヶ月以上かかったお宅もあります。


気になる箇所を、今点検しましょう 対策で被害は減らせます


台風による住居の影響は、少し不具合で、大きな破損につながります。

早いうちに点検することで、修繕箇所が見つかります。

傷んだ箇所を放っておくと、おうちの寿命が縮んでしまいます。

台風通過後では、過去の経験から、すぐに修理ができないかもしれません。

事前に、修理・修繕を行うことで、被害を減らすことができます。

長く安心して暮らしていくためにも、台風が来る前に、一度、お住まいの確認をしてみませんか?


台風対策のチェックのポイント


・雨漏り、天井に雨の染みがある場所はありませんか?

雨漏りの放置は、カビの発生で衛生上よくありませんし、屋内の劣化を早めますので、早めに修繕しましょう。

↓↓↓こちらに、雨漏りについてより詳しく記載しています。

なってからではもう遅い!?雨漏りの原因と対処法

・屋根瓦、スレートは割れていませんか?屋根材はきちっと固定されていますか?

雨漏りの原因になったり、固定不良は強風で瓦などが吹き飛ぶおそれがあったりします。

屋根材として使われているのは、瓦や、スレート、ガルバリウム鋼板、トタンがよくありますね。共通する注意点は、瓦やスレートが大丈夫でも、固定部材が劣化していることはよくあります。

不安があれば、一度弊社や、プロの方に確認してもらってください。

 

・アンテナの固定金具はきちっと留められていますか?

金具がグラグラし、ワイヤーが緩くなっていることもあります。

 

・外壁にひび割れ、隙間はありませんか?

雨水が浸入してきたり、トタンなど、材質によっては周辺への飛散につながったりする可能性があります。意外と油断できないのが、最近の住宅に多い外壁のサイディングの継手部分です。コーキングが切れて隙間ができていることがあります。詳しくはこちらのページにも記載しています。↓↓↓

なってからではもう遅い!?雨漏りの原因と対処法

 

10年~15年塗り替えをしていないお宅は要チェックです。

 

・雨樋にゴミがたまっていませんか?

雨樋にゴミがたまっていて、排水できなくなっていることがあります。台風は塩分を多く含んだ雨であることが多く、家が傷みやすくなるので、雨樋でスムーズに排水してあげましょう。合わせて、樋の変形や、金具が錆びていないかも見てください。確認するのに危険な場所でもあるので、お掃除が難しければ、弊社や大工さん等にお気軽に依頼してください。

 

・窓やサッシの強度に不安はありませんか?

強風雨や、物が飛んでくることによって、窓が割れることがあります。不安があれば、より強度の強い窓ガラスに変更の検討してみてください。また、窓を守る為に、後付けでシャッターを取り付ける方法もあります。

経年劣化による腐食により、サッシの固定部分に隙間ができていて、雨漏りする可能性があります。新しいサッシへの交換は断熱効果も高まります。

 

・フェンスや、風雨避けのポリカなどがグラグラしていませんか?

強風に耐えられないかもしれません。留め具がさびていて、はずれそうになっていませんか?

 

・物置や、小屋の状態はどうですか?

壁に穴があいていませんか?柱がシロアリによってボロボロになっていたり、湿気等によって腐っていたりしませんか?金具が錆びていて、ぐらついていませんか?

倒壊や部材の飛散で、母屋に被害を与えることもあります。もし、古く、しばらく使っていないようでしたら、解体の検討もしてみてください。片付けのお手伝いもしてほしいとのことでしたら、ご相談ください。


家を守ることは暮らしを守ること


家族の笑顔

点検に、お時間がない方、確認してみたけどご自分では判断が難しいと思った方、屋根上など危険が伴う箇所を見てほしい方は、地元密着の工務店、長谷川建築にお気軽にお声かけください。

点検、お見積もりは無料で行っております。

もし、工事が必要となっても、ご予算とリスクのバランスを考えて丁寧にご説明し、心をこめて工事させていただきます。

皆様が安心して暮らせるお手伝いができたら幸いです。

ページトップへ戻る